資料ダウンロード

中小企業のための障害者雇用支援フェア

—— 障害者雇用支援セミナー ——

著名人や専門家による講演や障害者雇用の先進企業による
パネルディスカッションを通して、障害者が活躍する職場づくりのヒントを紹介します!

※アーカイブ配信は、「障害者雇用支援セミナー」、「ミニセミナー」の全てのコンテンツを配信します。

当日スケジュール

当日スケジュールの画像

※12月27日(火)までアーカイブ配信中
※配信動画はYouTubeサイトでも閲覧可能です。画面が小さく見ずらい場合や字幕付きでご覧になりたい方はYouTubeサイトで閲覧をお勧めします。
▼YouTubeはこちら▼
https://youtu.be/NN2oROr_BDQ

—— 各セミナーの詳細 ——

10:10〜10:40

オープニングトーク

「ふつう」ってなんだろう?~発達障害と生きる~

障害について正しく知ることで、新しい視点で人間を見ることができます。「人それぞれに違いや特徴があり、困っている人には助けが必要だ」というとてもシンプルな答えに行き着くのです。40歳を過ぎてから軽度のADHDと診断された自身の経験をもとに、今までの「ふつう」を捉えなおすきっかけになるよう、発達障害についてわかりやすくお話しいただきます。

エッセイスト・タレント
小島 慶子 氏

1972年、オーストラリア生まれ。幼少期は日本のほか、シンガポールや香港で育つ。学習院大学法学部政治学科卒業後、1995年にTBSに入社。アナウンサーとしてテレビ、ラジオに出演する。1999年 第36回ギャラクシーDJパーソナリティー賞を受賞。ワークライフバランスに関する社内の制度づくりなどにも長く携わる。

小島 慶子 氏
撮影:鈴木愛子

10:50〜11:20(質疑応答 11:20〜11:30)

講演①

メンタル産業医が紹介障害者の就労支援について
〜ノーマライゼーションに向けて〜

障害者を雇用することとは、障害をもった労働者を雇用することでありながら、その労働者性に対して、心理的にも安全な就労を具体化するという観点はあまり着目されていませんでした。長年多くの企業で、心身双方に対する支援を「メンタル産業医」として提供してきた経験から、どのような工夫を行ったらより企業側と、障害者側の双方が、就労に対する満足度を高めることができるのか等について、具体的な方法や手段を紹介します。

医師、労働衛生コンサルタント
櫻澤 博文 氏

合同会社パラゴン代表社員。
1996年産業医科大学卒業後、京都大学大学院で社会人学生として社会健康医学修士号取得。
産業医として様々な企業のストレスチェックや、メンタル不調などの職場環境改善や、企業をサポート。また、復職の支援、企業・メンタル不調者の社会生活の支援にもつなげる。

櫻澤 博文 氏

11:50〜12:00

障害者雇用エクセレントカンパニー賞
障害者雇用優良事業所等表彰式

障害者雇用エクセレントカンパニー賞 障害者雇用優良事業所等表彰式タイトル画像

令和4年11月1日(火)実施の表彰式の映像をご覧いただきます。

12:10〜12:40(質疑応答 12:40〜12:50)

講演②

ニューロダイバーシティ
~デジタル分野における発達障害者の活躍~

近年注目を集めているニューロダイバーシティとは何か。ニューロダイバースな人材の持つデジタル分野での活躍の可能性や、人材の活用に成功している中小企業の事例の紹介、またニューロダイバーシティを取り入れる企業経営上のメリットなどをお話しいただきます。

パーソルチャレンジ株式会社
代表取締役 井上 雅博 氏

大学卒業後、外資系IT企業にて人事に従事。
2000年に株式会社インテリジェンス(現:パーソルキャリア株式会社)へ組織開発本部の責任者として入社し様々な人事施策を推進。
その後2008年1月に特例子会社の株式会社インテリジェンス・ベネディクス(現:パーソルチャレンジ株式会社)を設立。
現在は同社の代表取締役とともに、パーソルホールディングス株式会社 グループ人事本部にてグループ全体の障害者雇用推進に従事。

井上 雅博 氏

13:10〜13:40(質疑応答 13:40〜13:50)

講演③

精神障害者雇用セミナー
~実務で使えるポイントを知る~

法定雇用率の引き上げがある中、精神障害者の雇用者数は伸び続けています。一方で、企業側の採用や雇用管理に対するノウハウや考え方が不足している現状が多いことも、雇用促進の課題の一つです。
今回のセミナーでは、精神障害のある方の採用や受け入れする際のポイント、職場への理解促進と定着の実務的なコツ、コロナ禍における影響なども踏まえた事例をお話しいただきます。

キャリアコンサルタント
二見 武志 氏

鹿児島県出身。障害者の就労支援や企業支援を手掛け、自治体や国の公職を歴任。こうした活動の中、障害者雇用の理解促進の必要性を感じ、雇用促進や研修事業を全国で実施し、海外における技術協力などの実績も多数。自身の事業所内においては、多くの障害者をスタッフとして受け入れている。

二見 武志 氏

14:15〜15:45

パネルディスカッション

障害者雇用のはじめの一歩

パネルディスカッションでは、障害者雇用を積極的に取り組んでいる企業担当者にお集まりいただき、実際に取り組んでいる障害者雇用の内容、ポイント、採用後の取り組み等、各企業の実例を踏まえながらお話しいただきます。

パネリスト SOMPOチャレンジド株式会社
廣司 美幸 氏

福祉系大学卒業後、精神科病院、ハローワーク専門相談窓口、職業センターリワーク支援など精神保健福祉分野での経験を積み、2018年10月にSOMPOチャレンジドに入社。現在は、事業開発部に所属し、障害者社員の採用、定着支援、キャリア開発支援(研修企画・講師)、出向者社員の出向時研修、事例検討会の企画・実施、他グループ会社への相談支援、研修講師等を行なっている。

パネリスト 株式会社サンリオ グローバルサステナビリティ推進室 スマイルグループ
鈴木 茂樹 氏

1994年株式会社サンリオに入社。
販売、営業、設計・積算、WEB・アプリ企画制作、販売促進、ショー楽曲の制作等、様々な職種を経て、
障害者雇用担当に。
目標は「人の価値を最大限にする仕事で、人や社会の発展に貢献する」。
国家資格キャリアコンサルタント。

パネリスト 株式会社パルライン 管理部人事給与課/ジョブコーチ
林田 匡代 氏

2016年度パルライン入社。人事給与課で採用・研修・女性活躍推進などを担当。2020年にジョブコーチを取得し、障害者雇用に関する管理体制の構築を担う。現在はジョブサポーター講習会や障害者・現場ジョブコーチのフォローを行う。

モデレーター パーソルチャレンジ株式会社 人材ソリューション本部 コンサルティング事業部 ゼネラルマネージャー
鈴木 紀子 氏

旧インテリジェンスIT部門入社後、ITインフラ業務アウトソーシングサービスの運営管理に従事。
2014年 特例子会社 旧フロンティアチャレンジ(現パーソルチャレンジ)に出向。
障害がある職員が所属する部門にて、業務創出・運営施策の実装・体制構築・障害のある職員向け研修開発・採用・育成や人材管理に携わり、約250名相当の新業務創出、組織運営体制を実現。上記経験にて習得した ①障害者が所属する組織課題と解決手法、②障害者採用、組織運営管理に必要な仕組みの構築・実装・運営ノウハウこれらを企業様に活用いただくべく、2018年4月より現部署に着任し、特例子会社設立支援や企業向け研修、採用代行や定着支援サービスの提供及び新商材開発に携わる。