資料ダウンロード

中小企業のための障害者雇用支援フェア

—— 東京都の障害者就業支援 ——

東京都では障害者や企業経営者・人事担当者向けに障害者雇用に関する様々な支援を展開しています。

【東京都の障害者就業支援 イメージ図】

東京都障害者就業支援のイメージ図

障害のある方や、その関係者(家族・就労支援機関等)、企業等から障害者の雇用と就業について相談できる窓口です。

障害者雇用を支援する制度や関係機関などを紹介したハンドブックです。
TOKYOはたらくネット(https://www.hataraku.metro.tokyo.lg.jp/)からダウンロードしていただくことができます。

就職活動に役立つビジネスマナーや、自己理解・企業理解などをテーマにした4日間のセミナーです。障害者と地域の就労支援機関職員がペアになって参加していただき、就職活動に不慣れな方、社会経験の短い方へも分かりやすく就職活動のポイントをお伝えして、練習を行います。

障害のある方の保護者や地域の就労支援機関職員等を対象にしたセミナーです。企業の担当者等を講師として、採用事例などを紹介します。

大学のキャリアセンター職員等に対して、障害者就労支援に関する情報を学んでいただくセミナーです。セミナーを通じて大学等教育機関同士及び財団との連携を強化します。

障害者雇用を進める企業や就労を考えている障害者・就労支援機関が、障害者の方が働いている現場を見たり、人事担当者・障害者社員から直接話を聞くことで、障害者雇用のイメージや企業等で働くことのイメージをつかんでいただきます。

主に中小企業等の経営者・人事担当者の方の障害者雇用への醸成を図るセミナーです。
専門家や企業の人事担当者等を講師に招き、障害特性や雇用制度、先行企業の取組みなどについて学んでいただきます。

特例子会社の設置運営の知識を身に付けていただくためのセミナーです。

9
中小企業のための障害者雇用支援フェア【都】

中小企業を対象に、障害者雇用に係る支援制度や支援機関等を紹介し、障害者雇用について理解を深めてもらうため、「中小企業のための障害者雇用支援フェア」を開催し、中小企業における障害者雇用の推進を図ります。

都内中小企業の障害者雇用促進に向けて、東京しごと財団、東京都、国(東京労働局、ハローワーク)、都内の障害者就労支援機関が連携し、対象企業へ個別訪問により障害者雇用の促進を図ります。

障害者を雇用したことがない都内の中小企業等の人事担当者など実務を行う方を対象に、障害者雇用に向けた基礎知識・ノウハウを集中的に学ぶことができる講座です。

障害者を初めて雇用することを検討している中小企業等に専門のナビゲーターが訪問して、雇用前から雇用後の定着支援まで伴走型の一貫した支援を行う事業です。

東京障害者職業能力開発校では、身体障害、精神障害、発達障害、知的障害のための職業訓練を実施しています。

「障害者雇用を検討している企業」と「就労を目指す障害者」を結びつける事業です。企業が障害者を実習生として職場に受け入れることで、企業内に雇用の知識と経験を蓄積することができます。

障害者を初めて雇用することを検討している中小企業等に専門のナビゲーターが訪問して、雇用前から雇用後の定着支援まで伴走型の一貫した支援を行う事業です。

14
チャレンジ雇用事業【都】

精神障害者や知的障害者のキャリア形成、一般雇用に向けた経験を積むための「チャレンジ雇用」事業を推進しています。

雇用した障害者をスムーズに受け入れられるよう、「東京ジョブコーチ」が企業に出向いて職場定着を支援します。

障害者の職場定着を推進するため、企業の人事担当者や障害者と一緒に働く社員を対象に、「職場内障害者サポーター養成講座」を実施します。さらに、講習終了者が「職場内障害者サポーター」として職場の障害者の支援を6か月間行った場合、奨励金を支給します。

障害者雇用の特色ある優れた取組を行う企業を募集し、優良な企業を表彰します。障害者法定雇用率を達成している都内企業のうち、障害者の能力開発や処遇改善を積極的に行うなど、優良な取組を行う企業を選定し、東京都障害者雇用優良取組企業として「障害者雇用エクセレントカンパニー賞」を授与します。受賞企業の取組はホームページや事例集などで広く紹介し、障害者雇用に関する周知啓発を行います。

東京都では、大企業と比べて障害者雇用が進んでいない都内の中小企業を対象として、障害者雇用の拡大と職場定着の促進を図るため、標記助成制度を実施しています。国の特定求職者雇用開発助成金(特定就職困難者コースまたは発達障害者・難治性疾患患者雇用開発コース)の助成対象期間が満了となる中小企業に対して、引き続き東京都が独自に賃金助成を行います。

障害者の雇用が安定し、将来的なキャリアアップを含めた長期的な視点での人材育成が期待できる正規雇用や無期雇用への転換や賃金面での改善といった、処遇改善の促進を図るため、必要な障害者の正規雇用や無期雇用に取り組む事業主へ障害者安定雇用奨励金を支給します。

東京都は難病やがん患者の方々が、疾患があっても安心して活躍できる社会の実現を目指しています。
そこで、東京都独自の助成金として、難病やがん患者の治療と仕事の両立に向けて積極的に取り組む企業を支援するため、奨励金を支給します。

障害者を初めて雇用することを検討している中小企業等に専門のナビゲーターが訪問して、雇用前から雇用後の定着支援まで伴走型の一貫した支援を行う事業です。